Tumblr

Tumblr

Tumblr

雨の森

長引く梅雨もようやく明けそうですね。富士山の眺望の良いコースなら天気がいい日に案内したいですが、富士山中腹の森=「 巨木の森yuragiトレイル 」では、雨や霧でも楽しめます。いや、むしろオススメ。

苔が濃く、木々はしっとり、ひんやりとした空気。そして何より人がいない。誰もいないです。笑)

ジメジメ暑い~っと室内でイライラするなら、雨の森をゆっくり走り・立ち止まり、ココロ・カラダ、スッキリと。雨でも大丈夫。お待ちしてます!

科学的アプローチ2

最近フィトンチッドについて1番前のめりに聞いた話しを紹介します。

「マツ、ヒノキ、スギなど多くの針葉樹に含まれるα-ピネンという森林発揮性物質(フィトンチッド)は、血液中と尿中からも測定された」というデータを元にした話でした。(東北医科薬化大学 住友先生)

これは森林での活動時にフィトンチッドを肺で吸収し、それが血中に入ったことを意味しています。考えてみればそうなんですが、深呼吸するだけでなく、それを吸収することではじめてリラックス効果につながるんですよね。血圧が下がったり、唾液でアミラーゼ測定や心拍変動での効果測定は知っていましたがありましたが、医学的なアプローチもここまでエビデンスが出ています。

と、これを書いている僕のデスクは、窓のすぐ前にスギとヒノキが。常にフル充電状態かもしれません~。贅沢。(ストレスなし)

都会にないものが、田舎や自然の中には沢山あります。cofujiのツアーでは、ヒャッホーと楽しむだけでなく、目に見えないそんな魅力・効果を、科学的・医学的なデータも加えながら伝えていきたい!と改めて思ったのでした。

演習林でリラックス・ラン

岐阜県立森林文化アカデミー(https://www.forest.ac.jp/)の演習林で、秋にリラックス・ランのツアーをやらせてもらうことになりました。先日はその下見に行ってきました。

イメージは「森林浴×トレッキング、時々ラン」 。

手入れの行き届いた針葉樹が中心の演習林内で、ストレス状態とリラックス状態の説明をし、呼吸と足元に意識を持ち、五感を使うことを説明。その後、森林の持つリラックス効果の科学的データを説明しながら、五感を使うアクティビティを交えながら、ゆっくりと走る。走るスピードは、体育の授業のウォーミングアップ程度とし、体力がない人でも参加できるようなスピード。

ランの前後にシートとスマホアプリによるリラックス度を計るセルフチェックを実施する。

こんな内容にしたいと思っています。

富士山麓以外でも、こういう出張ツアーも広げて行けたらと思っています。

6月のツアー写真

梅雨時期ですが、参加者の皆さんと素敵な時間を作れました!7月、8月のカレンダーUPしましたので、夏のツアーもよろしくお願いします。